統合失調症になった場合、障害年金をもらうことはできるのでしょうか? 結論からいうと、もらうことは可能です。 しかし、絶対にもらえるという訳ではなく、統合失調症でももらえない人は存在します。 判定基準は、日常生活にどれだけ支障をきたしているのかということです。 つまり、日常生活に影響がないと判断された場合は、障害年金を受け取ることはできません。 審査では、医師が書いた診断書などを参考にして、認定を行います。 長期入院中や入退院を繰り返しているという状況の場合には、認定されやすい傾向があります。 また、診断書に重要な事柄が抜けていることがあり、それが原因で認定されないというケースも少なくありません。 そのため、審査を受ける前に診断書をしっかりと見て、抜けている部分がないかどうかチェックしてください。 もし、重要な事柄が抜けているという場合は、それを追記してもらうようにしましょう。 統合失調症は障害年金の対象なので、社会復帰する手段として申請をしてみてはいかがでしょうか。